2016年8月26日金曜日

【重要】高速SA内でのランバイク利用の危険性

【重要】

こんにちは
前回お知らせした通り、今回はとても重要な内容になります。
NEOPASAおかざきレースにエントリー済の方、検討中の方も最後までご覧下さいませ

お子様を「保護」する責任がある保護者として守っていただきたい内容をお伝えします。

当日、岡崎SA内:ルーフガーデン以外では絶対にランバイクを乗らせない
 ※駐車場←→会場への移動の際は保護者がランバイクを保持し移動をお願いします

1・
当日、岡崎SA内:ルーフガーデン以外では絶対にランバイクを乗らせない
 ※駐車場←→会場への移動の際は保護者がランバイクを保持し移動をお願いします

今回のイベント中、「ルーフガーデン以外でのランバイクの使用は禁止」です。
  ※イベント以外の日は全日全てのSA内でのランバイクは禁止です。


消費者庁ではストライダーを含め、ランニングバイクは

「ペダル無し2輪遊具」というジャンルに区分けされています。

これらの乗り物は公道では使用禁止です。


「NEOPASAおかざきレース」を開催する岡崎SAは、大きなくくりの中では「公道」になります。

よって今回のイベント開催においても所轄の警察に届け出をし、内容を理解いただき許可を得ています。

その中で一番懸念されていることが「事故」です。

高速道路のSAは多数の車が行き交う駐車場があり、そのすぐ向こうでは80km/h近くで走る大型車なども通る本線があります。

ストライダーに乗る幼児は道路標識などが正確に理解出来ないという事もあり、そこには大きな危険が存在しています。

お子様への保護者の方からのご指導、監督をお願い申し上げます。



今回のイベントは皆様の安全へのご協力が多大に必要になります。
そして今後全国の「高速道路SA」でのランバイクイベント開催が継続できるかが問われるイベントとなります。

日本初開催となるこのイベントを参加御家族、大会スタッフ一丸となり成功させていきたいと考えておりますので皆様もご協力の程、何卒お願い申し上げます。


ストライダーエンジョイパークひるがの高原 中野渡







0 件のコメント:

コメントを投稿